ミュゼなどの脱毛サロンの脱毛には、健康保険が使えるかどうかですが、使えないということはわかりやすいと思います。

それでは、湘南美容外科クリニックなどの脱毛医療クリニックの脱毛には健康保険が使えそうな気がしますね。

医療機関での脱毛ですからね。

脱毛クリニックの脱毛は健康保険の対象にならない

国民健康保険や会社などの保険とは、病気に対して何割かの自己負担で美容院で受診や治療ができるものです。

そのため、病気以外の顔をキレイにしたいなどの美容整形、歯並びを良くしたいための歯科矯正、ムダ毛を脱毛したいなどの医療脱毛などのために健康保険証を使うことはできません。

そうは言っても、厚生労働省では、脱毛クリニックでの脱毛好意は医療行為であると言っています。

医療行為であるレーザー脱毛は、健康保険が使えると勘違いしている方も多くいらっしゃいます。

また、最近ではワキガの治療や禁煙外来などには健康保険が使える例もあり、このようなものに健康保険が適用されるのなら、ヒョットした脱毛も健康保険の対照ではないかと思うかもしれません。

残念ながら、このような観点からしても健康保険の対象にはなりません。

つまり、ムダ毛が生えている事自体は病気ではないのです。

多毛症などの病気で体毛が非常に濃い場合を除いて、体毛自体が生えていることは自然であり、それをムダ毛と自分で判断して脱毛することは、目をパッチリさせたいなどの美容整と同じであり、健康保険の利用ができないことになっています。

そのため、健康保険が適用されない病院の自由診療となりますので、クリニックや皮膚科がそれぞれ料金を自由に決めることができます。
そういうことで、医療クリニックによって大幅な料金の差が生まれることになります。

病院の診断や治療費は、健康保険の適用があるものは料金の佐がありませんが、医療クリニックの脱毛料金もどこも同じとは思ってはいけません。

脱毛サービスなどの内容や回数などをよく考えてあまり高すぎるのはよく考えてから行くようにしましょう。