体毛は何の役に立っているの?

ムダ毛、ムダ毛といいますが本当にムダ毛は無駄なのでしょうか?

「最初から生えてこなければ、脱毛サロンに行かなくてすむのに・・・」とつい思いますね。

体には、ほぼ全身に何らかの毛が生えているのです。
全身の毛の数は、約150万~200万本です。

人間は、類人猿から進化してきた生き物ですが、おサルさんは全身に毛が生えています。
ですから、人はこの全身に生えていた毛を無駄な体毛をそぎ落としてきて、必要な毛を残してきたのです。

それらの毛の中で、「ムダ毛」と思ってしまうのは、腕、脚、ワキ、背中、デリケートゾーンなどの部位に生えてくる毛のことでしょうが、これらの毛も意味・役割があって生えているのです。
ムダ毛と思う理由は、見た目が悪いということだけです。

もちろん、現代の人間は服などを着ているので、これらのワキ毛やデリケートゾーンの毛などの役割も薄くなってきているのは事実です。

体毛は、実は無駄に生えているのではなくて、重要な役割があるということを知っておいてください。

体毛の役割

体毛には、次のような役割があります。

  • 体内の毒素を毛を伝わせて出します。
  • 外からの刺激をやわらげるクッション。
  • 外からのゴミやチリなどを吸い込まないためのフィルター。
  • 直接肌にふれる前に、毛が先に触れるので刺激がわかりやすい。
  • 体温を一定に保つ保温、断熱。
  • 外からの紫外線カット

ムダ毛は、見た目が悪いだけで嫌われているだけで、実は私達にとって大事な仕事をしているのです。

完全に脱毛すると、上の6つの役割ができなくなり、体が冷え過ぎたり、逆に熱くなったり、感覚が鈍るなどの可能性があるのです。

しかし、これらの知識を知った上で、衣服、帽子、手袋、靴下などをきちんと着用するとこれらのデメリットもある程度カバーできます。