家庭用脱毛器の方法

家庭用脱毛器には、抜くタイプの脱毛器があります。
電動で毛抜きの付いたローラーが回転し、毛を挟んで効率よく毛を抜きます。

メリット

電気モーターの力で毛抜きを回転させますので、スピーディに処理できます。
ローラーによる振動で心地よく刺激し、脱毛時の痛みをやわらげる効果があります。

デメリット

手で毛を抜くと同じように、さらに毛が太くなるおそれがあるとともに、埋もれ毛ができる可能性があります。

ブラウン電気脱毛器 シルク・エピル9 SE9961


ブラウン 電気脱毛器 シルク・エピル9 SE9961

ブラウン社(Braun)は、シェーバーのブランドとして大変有名ですね。

ブラウンの電気脱毛器、シルク・エピル9 SE9961は、マイクログリップトゥイザーテクノロジー搭載40枚のトゥイザー(毛抜き)が適切な角度で肌にあたり、0.5ミリほどの短い毛も処理します。

また、ボディ用角質ケアブラシマイクロ振動を発生させ、手洗いに比べて4倍もお肌の古い角質層を取り除いてくれます。

やわらぎマッサージローラーが付いていますので、細やかな振動でお肌に刺激を与え、脱毛する時の痛みをやわらげてくれます。

写真でご覧のようにアタッチメントが充実していて、脱毛の場所に合わせて最適の脱毛が可能となります。

スマートライトで手元を明るく照らし、見逃してしまいそうな細い毛も抜き忘れがなくなります。