ワックス脱毛の方法

ワックス脱毛は、樹脂を溶かしてべたつくようにした液体で毛を絡めて抜く方法です。

ワックスを温めてどろどろにしてから脱毛する部位に塗ります。
それから、塗られた部位に紙のシートを貼り付けます。

そのまましばらくするとワックスの温度が下がってきて、ワックスが固まり始めます。
固まってきたら、紙をワックスと一緒に一気に引き剥がすと脱毛できます。
ガムテープでやるようなものです。

最初から神シートにワックスが貼り付けられているタイプもあります。

メリット

ワックス脱毛は道具を揃えれば自己処理できますし、自分で処理できない部分は脱毛サロンでもしてくれます。

基本的には、抜く脱毛と同じことなので、体毛なら2~3週間ほどはもつようです。
毛抜きなどで抜く方法よりも、ワックス脱毛では一気に広い範囲を処理できるので、素早く効率的にできます。

デメリット

毛抜きで抜くよりも、肌には負担額少なくてすみますが、埋もれ毛ができる可能性があります。

ワックスを剥がすスピードがユックリの場合は、肌の表面部分まで一緒に剥がれてしまいます。

ワックス脱毛も、なれが必要ですので事故処理の場合は腕や足などの比較的簡単な部位からはじめて、顔やデリケートゾーンなどは経験を重ねてからにしましょう。

ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用


ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用

最初からワックスにシートが付いているタイプです。

貼って剥がすだけのイージーグリップを採用しています。

最短1.5mmのムダ毛から効果的に脱毛できます。

効果は、最大で約4週間スベスベが長続きします。

保湿成分としてアーモンドオイル+ビタミンEが配合されています。