レーザー脱毛の方法

レーザー脱毛は、黒い毛に反応するレーザーをお肌に当てて、肌の下にあるけの細胞に熱を発生させ脱毛させます。

細い毛よりも太い毛のほうが、レーザーの熱を発生ささせやすいために効果がよく出ます。

レーザーを当てた細胞からは、毛が生えてくることは基本的にはありません。

しかし、毛には毛周期というものがあり、何度か行わければスベスベにはなりません。

最大の特徴の一つは、この脱毛方法は医療機関しか行うことができず、普通の脱毛サロンではできません。

メリット

レーザー脱毛は、永久的な脱毛の一つの方法です。

永久的な効果は、、針脱毛に次ぐと言われています。

針脱毛と比べて、処理時間がかかりませんので短い時間ですみます。

また、医療機関で行われますので、万一、やけどなどのトラブルがあっても安心できるようです。

機会のパワーも大きいので、細い毛にも脱毛できることが可能です。

当初から出力を高めて行えば、光脱毛よりも行く回数は少なくなる場合が多いです。

時間がなく、速く永久脱毛をしたい方にはピッタリです。

デメリット

レーザー脱毛は、レーザーを当てますので、肌にも熱が当たります。

それで、火傷の危険性があります。

顔などの人目につきやすい部位は、小さな範囲で試してみたほうが良いと思います。

痛みについては、針脱毛の次に痛さがあります。

あまり痛いと途中で処理をやめてしまう方もいますので麻酔が使えるようであれば、無理をしないで使ったほうが良いでしょう。

冒頭に言ったように、黒い色に反応させるため、白髪には効果がありません。